エアコン工事はプロの業者に依頼するのが一番!

保証期間の過ぎたエアコンはエアコン工事業者での取り替えがオススメ

エアコンが壊れたら…

夏場の暑い時期に突然エアコンが壊れたら、一刻も早く修理か取り替えを行わなくては暑さでバテてしまいます。しかしエアコンが壊れたら、修理と買い替えのどちらを選ぶのがベストでしょうか?買い替えを選ぶ場合と修理を選ぶ場合の違いを比較してみましょう。

壊れたエアコンは買い換えるべき?修理するべき?

修理を選んだ方がいい場合

比較的新しいエアコンなら、修理の依頼をオススメします。保証期間内なら、販売店に連絡すれば無料で修理を行ってもらうことができるかもしれません。しかし、自分の不注意でエアコンを壊してしまった場合は有料になることもあるので注意しましょう。

買い替えを選んだ方がいい場合

壊れたエアコンを買い換えるのか、修理に出すのか迷った場合は、保証期間を見て決めましょう。保証期間を過ぎている場合は、メーカーに修理を依頼しても、保証期間ではないので修理費用がかかってしまいます。また、保証期間が過ぎているということは、購入してからかなり時間が経っていることになるので、必要な部品が見つからない場合もあります。部品が見つかって修理ができたとしても、さまざまな箇所が古くなっているのでまたトラブルが起こり、結果的に何度も修理するより、買い替えを選んだ方がお得だったという状況になってしまうこともあるでしょう。そのため、保証期間が過ぎているエアコンは買い替えを選んだ方がよいのです。

エアコン工事はプロの業者に依頼するのが一番!

エアコン

新品エアコンの販売・取り付け工事を一緒に行っている業者もある

新品のエアコンを販売し、その取り付け工事も一貫して行っているエアコン工事業者があります。もし新たに買い替えをお考えの方は、そのような業者にエアコン工事を依頼してみてはいかがでしょうか。

通販でエアコンを購入した場合は

今は通販でもエアコンを安く購入することができるため、その方法を利用してエアコンを購入する方が増えてきました。こういった場合でも、エアコン工事業者を利用することができます。古いエアコンの取り外しと、新しいエアコンの取り付け工事を合わせても、8,000円ほどで工事が完了します。

自分での取り外し・取り付けは危険

通販でエアコンを買ったからと言って、自分で古いエアコンの取り外しと、新しいエアコンの取り付けを行ってはいけません。知識や経験のある方ならできるかもしれませんが、ネットで調べただけでは上手く設置できない可能性もあるので注意が必要です。

専門知識のある業者に依頼しよう

もしあやふやな知識で取り付けを行ってしまった場合、エアコンが正常に機能しなかったり、部品を破損してしまう恐れもあります。安全にエアコンを使用するためにも、取り外しと取り付けは、プロのエアコン工事業者に依頼する必要があるでしょう。

広告募集中